給湯器のどこで水漏れトラブルが起きているのか

給湯器から水漏れトラブルが起きている場合、多くは水道 修理が必要になります。このとき、業者へ連絡を入れる前にどこから水が漏れているのか簡単に確認しましょう。これは業者に状況を説明するためにも大事なことです。くれぐれも水が漏れている状態で使わないように注意しましょう。

■本体の内部で水漏れが起きている場合

本体の中から水が漏れている状況を確認してみましょう。もしも配管がつながっている下の部分から水が漏れている場合は、トラブルによるリスクは低いと考えられます。もしも本体の上部から水が漏れている場合は、内部の部品に水がかかっている可能性があり、そのままの状態で放置していると他の部品も連鎖的に壊れてしまう恐れがあります。そのまま給湯器を使ってしまうと不完全燃焼が起こるので、水が漏れているときは絶対に使用しないでください。

■本体につながっている配管から水が漏れている場合

配管は給湯器の本体からお湯を出す室内までつながっています。外部が漏れている場合は被害が最小限ですが、室内でトラブルが起きている場合は床や天井などが水浸しになる被害が広がってしまいます。
マンションのような集合住宅の場合は下の階に被害が広がることもあるので、早急にトラブルを改善しなければなりません。本体を誤って使わないように一度電源を落とすようにしてください。もしも下の階などに被害が広がっている場合は早めに管理会社へ連絡を入れて、対処法を教えてもらいましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れトラブルを安易に捉えてはなりません。水道 修理が必要なケースが多く、ガスを扱う機器なので一般人が安易に直そうとするのは危険です。給湯器の修理は専門的な知識が必要となるので、水漏れ程度なら何とかなると安易に捉えて、自力で修理をするようなことがないように注意してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ